ここがこの世の地獄なり

今を生きるこの世こそがまさに地獄なり

MENU

「ダメな私に恋してください」の名言が突き刺さった件

最近、ドラマダメな私に恋してください」に、はまってる。

このドラマがスタートしたのは2016年1月だそうだ。

この微妙に古いチョイスが、さすがおじさんだ。

極端に古い訳でもなく、最新といえるほど新しくもない。

おじさんはこういう微妙なトコロをついてくるのだ。

おじさんの流行はこれくらい遅れてやってくる。

ついでに、同時期に流行した「逃げるは恥だが役に立つ」はもう見終わった。

もちろん、そっちも面白かったんだが、今回は、自分の心に突き刺さった「ダメな私に恋してください」の方に注目した。

 

f:id:fevernights:20170806120505p:plain

このドラマがまあ、おもしろい。

放映当時大人気になったのも納得。

まず、言いたいのは、深田恭子かわいいな~。

もてない役なのに、かわいすぎるんだが。

あ、いや、そこじゃなくて、自分に突き刺さったのは、第3話。

人の尻拭いをして、残業ばかりしている主人公ミチコ(深田恭子)に対し、ディーン・フジオカ演じる、元上司の黒澤歩が言い放った一言。

「人を働かせるのが一番難しいんだ。」「楽してんじゃねえぞ。」

グサッ!!っときた。

放送時も話題になったのだろうか?

自分には突き刺さった。 

メチャメチャ身に覚えがある。

 

自分の周りにも、部下や後輩がいるんだが、仕事を頼むのが面倒くさくて、つい、自分でやっちゃう。

これじゃいけないよなあ。

ずっと、思ってた。

 

頼むとすれば、ここをこうやって~と1から教えないといけない。

教えるだけで、結構な時間と労力を要するだろう。

これがまた、1回で理解できると思えないので、何回かあ~だこ~だを繰り返さなければならない。所要時間はだいたい1時間くらいか。

これが、頻繁に発生する案件だったら次もやらせればいいんだが、月1回くらいの頻度だと困ってしまう。

1ヵ月後同じ案件がきて、同じように頼んだとすると「知りません」「聞いてません」とヤツは堂々と言ってのけるだろう。

くそ~ゆとりめ!

そしてまた、1から説明して、あ~だこ~だを繰り返し理解してもらう。

それを3・4回くらい繰り返してやっと、「そういえば、前に1回聞きましたね」と言ってくれる。

「いや、1回どころじゃないぞ」

「そうでしたっけ」

これは、理解してもらってるのだろうか。

毎回ハラハラしながら見守らなくてはならない。

 

そりゃ、自分でやった方が早いよね。

自分でやれば、ものの数分でできる。

時間的にも、労力的にも格段の違いだ。

 

職場というものは、完全に役割が決まっていればいいのだが、多くは先輩から後輩へ引き継いでいかなければならない。

でないと、下が育たないし、自分も上にいけない。

分ってはいるんだけど、ついつい面倒くさくてね。

 1回で理解できて、ちゃんとそれを覚えてくれてる。そんなだったら喜んで教えるのになあ。

こういう偉そうな事を思うと、自分はどうだったんだろうと思う。

先輩になって、初めて先輩のありがたみって分るんだね。

なんか、色んなトコで、こういうセリフ聞いたことがある気がするけど。

 

 

 

 

広告を非表示にする