ここがこの世の地獄なり

今を生きるこの世こそがまさに地獄なり

MENU

ソフトな下ネタを描いてみよう

以前、TV番組で、ある芸人さんが言っていた。

「下ネタは世界共通で、言葉はいらない。そして一瞬で笑える」と。

確かに、そのとおりだ。

この「一瞬で」というのがいい。

そういえば、短い4コマ漫画では、下ネタが多い。

自分が大好きだった4コマ漫画は下ネタばかりだ。

実に世の中の4コマ漫画の半分以上は下ネタなのだ。(もちろんウソです。すみません。)

噂では、バ○ァリンの残りの半分も下ネタでできてるとか(もちろんウソです。)

以前、下ネタでも、よほどのことがない限り、アウトにならないと学習した。

 
fevernights.hatenablog.com

これなら面白いことが、たくさんあるような気がする。 

これは、もう自分も乗っかるしかない。

で、

描いてみた。

f:id:fevernights:20170722231607p:plain

なんか、ありそう。

実際に、ありそうじゃない?

これぞ、下ネタの醍醐味。

ありそう。いや、ないだろう。いや、でも・・・。

ってヤツね。

でも、一番面白いのは、「いや、いつものオレだよ」って言える人だったりするんだけどね。

 

f:id:fevernights:20170722232850p:plain

これぞ王道。

やっと、王道にたどり着いた。

小さい頃から、英才教育で大正琴テルミンをやっていたが、やっとピアノにたどり着いた。そんな感じ。

最初から、ピアノやれよ。

普通、ピアノからだろ。

テルミンの英才教育ってあるんだろうか。

いや、そんなことはどうでもいい。

大通りを歩く前に、裏道を行くもんじゃない。

地理が全く理解できなくなるから。

 

今回は、あくまで「ソフトに」というのを心掛けたつもりなんだが、人によっては、「けしから~ん」ってなるかもしれないのかな。

どういうものが「ソフト」だというのかも曖昧だが、どギツくなければOKだと思ってる。

考えてみたら、自分のようなバカな発想は、「下ネタ要素」を加えることで、面白くなるんじゃないか。

実際、普通に考えるより、「下ネタ」を考えた方が、いくらでもアイディアが思いつく。

結局、エロくならなくても、それはそれでOKなんだから。

まずは、王道から入るべきだった。

ただ、あまりやりすぎると、自分がバカなのがばれてしまうのが、考えどころ。

 

 

 

おまけ

またしても、思いついてしまった。 

一度思いついてしまうと、もう描きたくなっちゃう。

でも、今度は大丈夫。

しっかり、理論武装もしてる。

だいたい、自分はビビリすぎなんじゃないか。

もう、思い切っちゃう。

思い切っちゃうよ。

f:id:fevernights:20170722235432p:plain

もう、究極の下ネタだよ。

でも、本家と世界観はあってると思う。

ていうか、本家でもありそうじゃない?

第46話くらいでやってそう。

あ、いや、本家へのリスペクトを持って、作品のアイデンティティに心惹かれた結果です。

 

 

広告を非表示にする