読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここがこの世の地獄なり

今を生きるこの世こそがまさに地獄なり

MENU

5月2日はHIDEさんの命日でした。

f:id:fevernights:20170503235646j:plain

すっかり忘れていたが、5月2日はHIDEさんの命日でした。

私にとってHIDEさんは高校時代、バンドを始めたきっかけになった人でした。

当時はxというバンドで、ギターを担当していたHIDEさんは、メチャメチャかっこよかった。

 

私は、「XJAPAN」の前身である「X」の大ファンでした。

HIDEさんに憧れてギターを始めたのは、きっと私だけではないはず。

 

はじめて、Xの曲を聴いた時の衝撃は今も忘れられません。

 

 

当時、バンドブームで、たくさんのバンドサウンドが溢れていました。

当時の私は、耳に入ってくる曲は片っ端からコピーしていて、様々なバンドの曲をコピーしまっくてました。

なんとなく、曲の感じや、バンドの特徴なんかも分かってきて、正直、自分でも「もう、極めちゃった」感を感じてました。

 

例えば、「あのバンドっぽく」と思って、適当にそれっぽい曲を~と考えたら、すぐできちゃうくらいでした。

「もう、ギターを、バンドを、音楽を極めちゃった?」と虚しくなってた時に、Ⅹの音楽に出会い、衝撃を受けました。

Xの曲の特徴はツインギター、ハモリ、チョッパーベース、ツーバスのドラム、キーの高いボーカル。早いリズム、綺麗なメロディー、複雑なライン、初めて体験することばかりでした。

 

「自分は全然、ギターを、バンドを、音楽を極めてなんかいない。」

「まだまだ、先は長いじゃないか。」と悔しくも、嬉しくなったのを覚えてます。

 

自分はⅩ時代の髪の長いHIDEさんがたまらなく好きだった。

ライブビデオ(当時はDVDなんてなかったから)を見て、「メチャメチャかっこいい」以外言えないくらい、はまった。

f:id:fevernights:20170504000621p:plain

後ろ髪のエクステが足に着くくらいあって、ライブで走る時、絡まって危ないんじゃないかと思ったり。

幾何学模様のモッキンバードが斬新すぎて、もはや、ギターに見えなかったり。

そういえば、何かのイベントで自身のギターの模様は自分でペイントしてるということで、ものの数分でペイントしたと聞いた。

目が痛くなりそうだが、こだわりがあったらしい。

 

後年になって、その人柄のよさが取り立てられたが、自分はその早弾きやテクニックのすごさから、多少、嫌な奴でも許されるのに・・・。と思ったものだが、それは、単純に自分が嫌な奴だからか~と深く反省したのもいい思い出。

 

HIDEさんのご冥福を心からお祈りします。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする